• JAM
    JAM(ジャム)ポイント 購入方法をまとめてみた
    2018.7/26
  • JAM
    JAM(ジャム)ポイント 本当に価値は上がるのか?
    2018.7/25
  • V-CAT
    V-CAT取引所 LINEスタンプがリリースされました
    2018.7/28
  • SAG
    SAG V-CAT取引所のアフィリエイトをしよう
    2018.7/29
  • JAM
    JAM(ジャム)ポイント ウォレットを開設する
    2018.7/27
JCコイン 暗号通貨の常識を変える?トークン申請が開始されたJCコインとは
スポンサーリンク

 

JAMポイントから、トークン申請が可能になったJCコイン

 

 

JCコインは、一体どんな暗号通貨なのでしょうか?

今回は、JCコインについてまとめてみました('ω')ノ

 

 

JCコインとは

 

 

JCコインは、 ブロックチェーンの仕組みを活かして、スマートコントラクトと資金調達を実現化させる事業コインです。

 

 

 

今、市場に出回っているコインは決済目的のものばかりです。

ブロックチェーンの技術が、主に暗号通貨決済の手段として使用された理由は主に2つあります。

 

①改ざんが極めて困難
②セキュリティ性が高い

 

これは、トランザクションを分散して多くの人で管理し合うからこそうまれるメリットです。

JCコインは、この2つのメリットを活かして、事業のための資金調達と、事業への投資を可能にしています。

 

 

JCコインによる資金調達

 

 

例えば、事業を新しく始めたいAさん。

Aさんの資金調達方法としては、株の発行やクラウドファンティングが候補に挙がります。

 

 

クラウドファンディングとは

 

 

クラウドファンディングは、インターネットを経由することで不特定多数の人からの資金調達を可能にする方法です。

最近では、キンコンの西野が帰りの電車代がないということで、polkaというアプリを利用して一瞬で128,700円を集めたことも話題になりました。

 

 

こんなことですら、クラウドファンディングでは資金調達が可能なのです。

一個人でも、資金調達が可能な世の中になってきています。

 

 

多額の資金が必要な場合は、ICOでの資金調達を行うところもあります。

しかし、ICO で資金調達を行う場合、ICOに対するシステム構築のための費用と、時間がかかることになります。

また、現金化が行えず、結果的に資金不足となってしまったり、詐欺コインと化してしまう場合も多いです。

 

このようなデメリットなしに、資金調達を手軽に、短時間で行うことを可能にするものがJCコインです。

 

事業資金のうちの何%かをJCコインが担う代わりに、その%と同等の権利を譲るのです。

そのため、事業資金のうち、JCコインが担った分の利益は、JCコインによって投資してくれた人たちに利益が分配されます。

 

Aさんがはじめたい事業に、1億が必要だとします。

3,000万を自分で出せ、7,000万だ足りない場合に、7,000万分をJCコインで補ったとっします。

その場合、事業の利益を7割(JCコインで担った分)をJCコインで投資してくれたユーザーに還元するのです。

 

 

事業を行う側は、自分で集客を行い、現金化まで行うことへの手間も省くことができ、事業に時間を費やすことができます。

 

これは、事業だけではなく、車や不動産、宝石の購入など存在する資産すべてに使用することが可能です。

そのため、会社だけでなく一個人の資金調達も可能なのです。

 

 

JCコインによる事業投資

 

 

事業を行う人に対し、投資をしたいけれど初期投資金が高いため手を出すことができない人もいます。

JCコインは、資金調達だけではなく、事業投資を少額から行うことができるユーザー側へのメリットもあります。

資金を集めたい人に対しては資金調達の手助けを行い、事業投資を行いたい人には少額投資を可能にするのが、JCコインなのです。

 

 

例えば、不動産投資を行いたいけれど資金が不足している、海外不動産投資は契約や管理が手間で手が出せないというユーザーがいたとします。

JCコインを使用することで、資金不足や契約や管理の手間を省くことができ、気軽に少額からの投資と権利収入を得ることができるのです。

 

ユーザーは自分が投資を行ってみたいものを選択し、その投資に対してJCコインの最小単価からの投資が可能となるのです。

 

「100円から不動産投資ができるならやってみたい!」

「2,000円から大手企業株が持てるなら、試してみたい!」

こんな思いを叶えることができるのです。

 

ちょっとだけ投資を触ってみようかな・・という、試しの手段にもなるのです。

 

このように、投資を少額からでも行いたい、投資時に必要な契約ごとの手間を省きたい投資家と資金調達が必要な事業家を、ブロックチェーンを活用したスマートコントラクトにより繋ぐことができる新しいプラットフォームを作り上げているものがJCコインです。

 

 

JCコインの仕組み

 

 

契約はすべて、専門家を交えたうえで行われます。

資産に対する価値は、鑑定士により適切に設定し、契約に関しては弁護士と相談をしながら、ブロックチェーンを使用したスマートコントラクトを行います。

このように専門家を通したうえで契約を作成・締結することで、資金調達が必要な方もユーザーも、安心・安全に契約を結ぶことができます。

 

 

今まで決済の手段だと言われていた暗号通貨の常識を変える、事業コインが誕生します。

このJCコインは、現在発行されているJAMポイントで、現在はトークンの申請が可能です。

 

 

なんと、1月23日にはビジネスワイヤ系メディアに紹介されました。

 

JAMポイントを持っている人は、プレ販売前の段階からJCトークンが申請可能なのです。

すごく有益ですよね・・

 

 

ただ、JAMポイントは今後発表されるECサイトでも使用することができます。

そのECサイトが、かなりおもしろいマッチング機能を兼ね備えているので、JAMポイントをすべてJCコインにするのではなく、半分半分くらいの割合でもたれることをお勧めします(*´ω`*)

 

ECサイトについては、また書きます☆

 

  ▼SAGコミュニティーに登録する ▼説明会予約はこちら 紹介者には148297を記入してください。
JCの関連記事
  • JCコイン アフィリエイトするだけで50JCがもらえます!
  • JCコイン 暗号通貨の常識を変える?トークン申請が開始されたJCコインとは
  • 【緊急速報】JCトークンの申請が可能になりました
recommend